ゲームメーカー【あんちっく】(自営業)です♪\(^ワ^) 「変則将棋」「カードゲーム(ボードゲーム)」「プログラムゲーム」が得意です♪ ゲームアイデア募集し商品化もしています♪(連絡してね♪実績多数!)(委託製造も多いです♪) 変則将棋の祭典「新将棋まつり」も主催♪(将棋系ゲームの展示会です♪) ■あんちっくサイト:http://antic-main.com/(オンライン販売もやっています!出店情報もこちら♪) ■集大成将棋サイト:http://antic-main.com/1_shogi/(多数の新型将棋商品あり♪[購入方法]ページでオンライン販売中♪) ■あんちっくツイッター:@antic_akira

「集大成将棋」の最新戦術!(^^)



そもそも「集大成将棋」とは?→こちらのページを見てね♪(^^)

■【ドロー平均価値理論】
draw-ave-
ドローは何が出るか分からないので、
平均価値として扱います。
1手の価値は局面を見て判断します。
ドロー平均価値>1手の価値
の場合のみ、ドローします♪d(^^)

重要なのは、
ドローの平均価値が
それほど高くないという事です!

何となく集大成将棋をやっていると
自由に駒の動きを変更できるような
錯覚に陥りやすいのですが、
集大成将棋の1セットのカード内訳は、
 ・カード無効化…2枚
 ・歩…6枚
 ・香桂銀金角飛…各4枚
 の全32枚です。
特定の駒の動きを狙って変えるのは
非常に難しく、
ドロー平均価値もそれほど高くないと
分かります♪\(^^;)
このためドロー多用すると、
基本的には、ドンドン不利になります…。\(==;)

ドローは、序盤で余裕がある時や、
局面が膠着した場合にお薦めです♪d(^皿^)
他には、攻めが止まった時に、
新たな攻め筋が生まれる事を狙った
「攻めドロー」もお薦めです♪d(^^)

■【上書き困難理論】
 集大成将棋の1局あたりのドロー回数は
平均7回程度です。

このため、
一度有効になったカードを
上書きで消す事は、
確率的にかなり難しいです…。(==;)
無理に消そうとすると、
相手にドンドンと手を進められて、
大量リードされてしまいます!(><)

起きてしまったものはしょうがないと、
上書きをあきらめて、
現在の有効カードで戦うか、
十分に防御を固めて余裕を作ってから
ドローするのがお薦めです♪(^^)

■【集大成将棋の運要素】
ドロー直後は
相手の手番になる事もあり、
ドローにより
劇的に局面が良くなる事は、
非常に稀です!(^^;)
集大成将棋は、
運要素が少なく、実力重視のゲームと
考えていただいてOKです♪(^^)

もし、
勝負が決するようなドローが発生したら、
それは
 「非常に珍しい超超ファインプレー!」
と言う事が出来ます♪d(^皿^)
局面を撮影してSNSなどにアップし、
友人達に自慢しましょう♪\(^ワ^)/