満佐須計は ならべて「きれい!」 となるカドゲ おきらくかんたん すぐにできます


「満佐須計」は平安宮廷女子のカラーコーディネートを競うカードゲームです。そのタイトルは平安時代の女性ファッションのT.P.O「有識故実」を伝える「満佐須計装束抄」からとっています。

平安時代の宮廷女房がまとった装束といえば十二単の呼び名で知る人が多い「五衣唐衣裳」です。あでやかな唐衣や表着が目立ちますが、平安の女性たちは襟や袖からわずかにのぞく「五衣と単」の六色でファッションセンスを競いました。その色の組み合わせは季節や祝い事に合わせたT.P.Oとして満佐須計装束抄に記されている「襲色目」に合わせなければなりませんでした。

満佐須計では、各競技者が五衣と単それぞれの色を模した6枚の「色札」を手札にして、各自が引いた「役札」に記した「襲色目」の色組み合わせを作ります。よりTPOに合わせた役ができると点数が高くなります。

ルールは簡単。競技者が行うことは次の4つから1つを選ぶだけです。
・山札から色札を一枚引いていらない手札を一枚捨てる
・自分の引いた役札を別な役札と交換する(一回だけ)
・ほかの競技者の手札から色を指定して1枚引く
・ほかの競技者が捨てた色札を拾っていらない手札を一枚捨てる

これを繰り返していき、役札で指定する色札がそろったら役札の点数が自分の得点になります。役札には2種類の点数が書いてあり、ゲームをしている季節や競技者の中にいる祝い人(ゲームをしている日が誕生日たっだり記念日だったりする人)によって得点できる点数が変わります。

最初に5点取った人、もしくは、先に二役(または三役)が完成した人が宮中で最も高い評価を得た勝者となります。場の光景は、こんな雅な彩となるはずです。

印刷所の事情で、今回配布する満佐須計のパッケージは役札4枚色札24枚の「クォーターパック」が2種類になります。クォーターパックでもゲームは機能しますが、競技者それぞれが完成させた襲色目でテーブルを華やかにするなら「其の一」「其の二」をそろえるのがよろしいでしょう。また、同じ種類のクォーターパックをそろえるとゲームの競技性が向上します。

東京ボードゲームコレクションでは試遊卓を用意していますので、ぜひぜひお気軽に平安女子のカラーコーディネートをお楽しみください。